2006年05月18日

キオークマン 本当は集音機で十分では?


(キオークマン 本当の使い方の続きです)
とはいえ、別にウェンガー博士はキオークマンのような装置を勧めているわけではありません。普通のマイクとアンプとヘッドホンを使うように言っています。
でも、この3つを揃えるのも大変かもしれませんね。

そこで思うのですが、自分の声をマイクを通して自分の耳で聞く装置ということであれば、画像のような集音機が簡単でなおかつ機能的には十分だと思います。

価格もキオークマンの1/10ですよ。

価格:1764円(税込)

集音機を購入する


posted by えくり at 19:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 聴覚モニター

キオークマン 本当の使い方は・・・


キオークマンは「目で見る」「声を出す」「耳で聞く」という3つの知覚刺激を大脳に伝えることで、学習能率をアップさせる学習用機材です。

例えば英会話を学習する時、テキストを黙読するだけではなかなか覚えられませんが、声に出して音読することで、記憶の手助けをすることが出来ます。

キオークマンを使うと自分で発音した言葉がマイクとヘッドホンを通して耳にかえってきます。目で見て、声に出し、耳で聞くと言う3つのことが同時になされることで、更に記憶の効率がアップされるわけです。

というのが、この機器の宣伝コピーになっています。
たしかに五感をより多く使った方がより確実に記憶ができます。しかし、この理論なら別にこの機械を買わなくとも、普通に音読すれば同様に脳を刺激するはずです。

価格:20,790円(税込)

愛用者120万人突破!キオークマンを購入する



続きを読む
posted by えくり at 18:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 聴覚モニター